反社リスク管理体制の構築支援

調査とリスク管理の実務経験を踏まえ、お客様の実情に合わせた効果的な反社リスク管理・コンプライアンス体制の仕組みづくりをサポートします。

反社リスク対策・コンプライアンス体制の強化・再構築・設計をサポート・コンサルティング 反社チェック対象外(調査除外先)、新規取引時は原則全社反社チェックを実施 グレー判定先はモニタリング対象とし、継続監視・情報収集を実施 定時チェックとして年に一度全件再調査

反社チェック体制 反社リスク 運用事例 反社チェック調査・監視・モニタリングの内容 取引金額・取引リスク・重要性に応じてレベル・調査内容を設定 メリハリをつけた効率的なリスク管理・網羅的・継続的な反社チェック体制を構築・運用
経験豊富な調査会社として反社チェック調査のマニュアル作りや規定づくりもお手伝いします。弊社が反社チェックの調査方法を設計し、実際のチェック作業は日経テレコンなど他社の取引当初は「正常先」であっても、その後業績が悪化し、反社関与資金を導入、気が付いたら反社勢力に侵食されているケースもあり得る グレー先の継続監視(モニタリング)はもちろん、正常先についても定期的なチェックや与信管理・取引先管理が必要 帝国データバンク等の大手信用調査会社の評点を活用しつつ、反社チェック調査も実施し、さらなるリスク管理強化を実現
帝国データバンクや商工リサーチなど大手信用調査会社と反社チェック調査会社の調査視点の違いを踏まえて併用

反社チェック体制の導入や見直しをご検討中の企業様はお気軽にお問い合わせ下さい。



▮関連セミナー(無料)

反社チェックについては、現在の商号と現代表者名を過去の新聞記事(暴力団構成員が起こした犯罪に関する記事)にスクリーニングするという方法が主流となっています。しかし、いわゆる暴力団の潜在化・不透明化が進む中、フロント(企業舎弟)として活動している企業の代表者に暴力団の背番号を付けたものをわざわざつけるわけがありません。通常、表に出てくる人物というのは「クリーン」な人物です。したがって、調査というからには、表の情報だけなく、裏に隠れた潜在化した情報を見つける試みが必要となります。